大切な住宅をシロアリ対策で守る||||

sp_main

バリア工法に関するQ&A

住宅を安全に守るために行なうシロアリ対策として一般的なのが、シロアリ駆除業者に依頼をして行なうバリア工法ただバリア工法と聞いても、一体どんな作業でシロアリ駆除を行なうのか分からない人も多いはず。ここで、選ばれているシロアリ駆除法をご紹介しましょう。"

バリア工法を行なう前の注意点

施工後にしっかりと白蟻を駆除することができるバリア工法は多くの住宅で実施されていますが、施工を実施すると日常生活を行なう際に薬剤の臭いが気になることがあります。そのため施工を実施した後は換気などを行ない、住宅の周辺に薬剤の臭いがこもるのを防がなければなりません。場合によっては住宅にドリルなどで穴を開けることもあるため、シロアリ駆除を実施する際は業者の方から工事内容をよく確認しておくようにしましょう。

変わるシロアリ駆除の方法

一昔前までシロアリ駆除を行なう際はクロルデンと呼ばれる薬剤を利用することが一般的でしたが、クロルデンは駆除効果が高い分人体への影響も高いため使用が禁止になりました。その後は一時的に有機リン系殺虫剤を利用してシロアリ駆除を行なうようになりましたが、現在ではこうした薬剤もシックハウス症候群の原因になるとして使用されなくなっています。

安全性が重視される

また、シロアリ駆除を行なう際に安全性の高い薬剤を利用するのが一般的となっており、駆除を実施しても健康被害を発生させることはありません。安全性を重視する分、薬剤の効果はクロルデンなどの薬剤に比べて劣りますが、シロアリ駆除を行なう際に発生する人体への悪影響も最小限に抑えることが可能です。

to top